医療機関の方へ

患者紹介について

当院では、紹介方法をできるだけ簡素化し、スムーズに紹介頂けるよう努めています。
当院形式の入院相談依頼票を下記FAXへ送信ください。緩和ケア内科(ホスピス)へご紹介の場合は併せて緩和ケア内科診療情報提供チェックシートをお送りください。
お急ぎの場合は、お電話にてご依頼ください。診療情報提供書を後日頂けると幸いです。

入院相談依頼票はこちらから(PDFファイル92KB) 緩和ケア内科チェックシートはこちらから(PDFファイル140KB)

入院手続きについて



※当院では、紹介元医療機関医師の判断を尊重して対応しますが、病院運営全体のなかで患者さんの病状に応じて入院の適応・時期を決定していきます。

FAXは24時間受付しております。

但し、以下の時間帯以外の送信について、受け入れの可否及び予約内容の 返信は、翌業務時間内の対応になりますのでご注意ください。
平 日:8時30分~17時15分
土曜日:8時30分~12時30分
休診日:日曜、祝日、第4土曜日、年末年始(12/29~1/3)

○緊急入院のご紹介

緊急で入院を希望される場合は、まずはお電話にてお問い合わせください。

○外来のお申込み

診療科によっては事前予約が必要です。外来診療担当表をご確認ください。
当日のご予約及び一部の診療科では、ご予約のお取扱いをしておりませんので予めご了承ください。
受診の際は、健康保険証、診療情報提供書(紹介状)、画像・検査データ等をご持参ください。

お問合せ先: TEL:022-257-0231(代表)
       FAX:022-257-0201


薬剤管理サマリーの運用について

当院では2016年より退院後の薬学的支援を継続するために、薬局、病院やその他の施設に対して薬剤管理サマリーの作成を行っています。
薬剤管理サマリーとは、患者さんが当院入院中に、入院前の処方内容に対して変更・中止等が行われた場合、患者さんもしくはご家族の同意を得て、変更内容とその理由や変更または中止後の患者さんの状況を記載したものです。通常は退院時に患者さん、またはそのご家族に薬剤管理サマリーをお渡しし、かかりつけの薬局に提出して頂いております。その他、当院と連携している薬局においては、退院後にあらかじめ薬剤管理サマリーをFAXさせて頂いております。加えて、おくすり手帳には薬剤管理サマリーをお渡ししている旨のシールを貼付しています。

薬剤管理サマリー運用の流れ

薬剤管理サマリー、おくすり手帳について

薬剤管理サマリーは上記に記載した様におくすり手帳だけでは網羅しきれない入院中における薬剤の変更など、薬剤に関わる重要な情報を記載しております。
退院後の切れ目のない薬物療法の継続のためにも、退院時に薬剤管理サマリーをお受け取りになりましたら、お薬手帳と共にかかりつけの薬局、またはかかりつけの薬剤師へご提出ください。

薬剤管理サマリーを受け取られた調剤薬局並びに医療関係者の皆様へ

薬剤管理サマリーについては入院中の服薬状況や、退院後の生活などについて情報共有が必要とされる患者さまを対象に作成し、退院時にお渡ししております。調剤薬局の皆様、並びに医療関係者の皆様におかれましては、薬剤管理サマリーの内容をご確認いただき、指導の際などにご活用いただけますと幸いです。また、薬剤管理サマリーに対する返書やご意見等につきましては、下記連絡先にお電話いただくか、様式は問いませんのでFAXを頂けますと幸いです。ご頂戴しました情報は、継続的な薬物療法支援のために活用させて頂きます。
最後になりますが、かかりつけ薬局・薬剤師の皆様におかれましては、薬剤師間の双方向性の情報共有のために、入院時に当院からご連絡させて頂くことがあります。その際にはお手数ですがご対応いただけますと幸いです。何卒宜しくお願い致します。

薬剤管理サマリーと返書についてはこちらをご参照ください

光ヶ丘スペルマン病院 薬剤科
〒983-0833 仙台市宮城野区東仙台6-7-1
電話番号・FAX番号:022-892-8745