理念

理念

基本理念

愛をもって奉仕します

病者一人ひとりを大切にし、喜びをもって仕えます。

人間の尊厳を大切にします

研鑽に務めて医療の質を高め、病者と助けを必要とする人々の生と死に希望を与えます。

祈りつつ努力します

神は、いつも共にいてくださるという、強い信念をもって、祈りつつ努力します。

基本方針

患者様本位の医療を行う

つねに患者様を中心とした考えに立ち、親切で丁寧な医療行為に心がけ、地域住民 より信頼されるよう努力する。

働くスタッフの幸せを追求する

病院は「人」で成り立っており、当院に勤務する者のみではなく、その家族等も含めた関係者全員の幸せを願うものであり、病院はそのための最大限の努力を行う。

経営の安定化を図る

職員の生活向上の基盤となる病院の経営状態は常に安定していなければならず、そのための経営改革、省力化、経費の削減、物品を大切に取扱うという意識の高揚等を継続しなければならない。

患者様の権利と責任

人格が尊重され、プライバシーが守られる権利

患者様の個人情報や治療に関する全ての情報について、確実に保護されプライバシーが守られる権利があります。そのため、当院では個人情報が漏洩することのないよう万全の対策・対応をいたしております。

より適切な医療を平等に受けられる権利

患者様はいつでも必要かつ充分な医療サービスを受けることができ、どなたでも公平に、安全で適切な医療を継続して受けることができます。

病気と診療内容、医療費などについて十分に知る権利

患者様はご自分の病気や検査、治療方法について、理解し納得できるまで説明を受けることができます。また、ご自分のカルテの開示を求めることができます。

診療内容や治療機関などを選択し、決定する権利

患者様は、ご自身の価値観や生活背景などを踏まえ、自ら治療方法を選択することができます。また、選択にあたって、担当医師以外の医師に意見を求める「セカンド・オピニオン」についても担当医師から情報を得、また必要に応じて「紹介状」の発行を求めることができます。

医療従事者と協力して療養に専念する責任があります

当院では、医療事故を発生させないために、さまざまな対策やルールを決め、患者様が安心して治療を受けられるよう努力を積み重ねております。患者様・ご家族の皆様におかれましても、容態の変化などは医療従事者に速やかにお伝えいただくとともに、治療方針の説明や処置について疑問や不明な点があれば、直ちにお申し出いただくなど医療安全の確保にご協力をお願いします。


倫理指針

光ヶ丘スペルマン病院 倫理指針

  • 患者様の人権・信仰・意思などを尊重し安全で安心な医療を提供します。
  • 患者様に診療内容を十分に説明し、その上で患者様の同意と自己決定を尊重し治療方針を決定します。
  • 患者様のプライバシーを尊重し、職務上知り得た患者様の情報の守秘義務を遵守し、個人情報 の保護を徹底します。
  • 臨床研究、治験に関しては、国が定める各種法令、指針等に基づき患者様に不利益が被ることがないよう、倫理委員会などにおいて倫理的な観点を中心に厳正な審査を行います。